ドラゴニアンサーガのギルドの所属の有無について

ギルド

ドラゴニアンサーガで遊ぶ時ギルドに入るか否か

ドラゴニアンサーガにはギルド多数が存在します。

ギルドに入るか入らないかは自由で、また既存のギルドではなく自分で立ち上げることもできます。



ドラゴニアンサーガのギルドに入るとできること

クエストの中にギルドに加入またはギルドを設立と言うのがあったので私は今回、とあるギルドさんに加入させていただきました。

ギルドに入ると出来ることがたくさん増えます。

 

 

このように、加入すると寄付をしたり、スキルをゲットしたりできます。

寄付をしたりボーナスを受け取ることでギルド貢献度が増え、スキルのレベルをあげることが出来ます。

ギルドメンバーは2枚目の写真の基本スキルをあげられ、役職に任命されることでギルド加入でもらえるスキルが増えます。

また、このスキルはギルドレベルと連動してるため、例えばギルドレベルがランキング1位のギルドの場合9レベルなのでスキルは90レベルまであげられるようです。

私が所属させて頂いているギルドは捨身を撮った当時レベルが6だったので60まであげることができました。

 

ギルドに所属すると他にも、1枚目の写真右側にあるイベントにも参加できるようになります。

これはメニュー画面のイベントからも確認できます。月曜日、火曜日にお手伝いしてもらい、無事にクリアができました。

これをクリアすることでも貢献度が貰え、貢献度以外にも経験値や宝石も貰えます。

土曜日と日曜日には晩餐会が開催されますが、晩餐会には通常のものと高級なものがあります。

晩餐会は毎週土曜日にある領土戦で勝ったギルドは自ギルドの領土にて高級な晩餐会を開くことができ、それ以外のギルドは通常の晩餐会を開きます。

ここでも経験値や宝石が貰えるのですが、晩餐会のレベルによって貰える経験値が変わるそうです。

この晩餐会のレベルとは、ブルーダイヤの寄付数で変わるので余裕がある時はレベルを高くし、経験値をより多く貰えるようにしたいです。

以前レベルが58くらいの時に所属のギルドの晩餐会が60レベル以上のマップで行われていたので、ほかのギルドが開いている所に行ってももらえるか確認しましたがもらえなかったので、自分の所属のギルドのところに行けるように場合によってはレベルを上げるのを頑張りつつ参加しましょう。

因みに、月曜日は早狩りと言ってレベルにあったマップで80匹ずつモンスターを5回倒すもので、15分の制限時間があるのでギルドのチャットにて声をかけてクリア出来ました。

火曜日は魔物狩りで、これは低いレベルの時にお世話になったマップから少しずつレベルの高いマップに移動しながらモンスターを倒すのですが、1マップずつ1匹召喚して倒します。

魔物狩りに関しては最初は1人でも出来るかと思うのですが、自分のレベルに近づくに連れてどんどん敵のモンスターも強くなり、また時間制限もあるためここもギルドの方々にお声がけしてお手伝いしてもらうとスムーズに出来、素早く終わりました。

 

他にも、週に一回と二週間に一回、土曜日に領土戦があり、各ギルドごとで戦い領土戦で勝つことで領土が手に入ります。

領土戦はギルドのメンバーと共にほかのギルドの方々と戦い、宝箱を拾ったり戦車に乗ったりし、終了時にポイントが1番高いとマップを占領(領土)できます。

占領したマップとダンジョンでの経験値が通常より多めに貰えることも大きいです。

序盤、レベルが低い時にはとても有難いものです。

二週間に一回の方の占領戦は煉獄島にて行いますが、これは上記の写真に書いてあるとおり領土占領してるギルドで戦うそうです。

実は予定が合わずまだ未経験なので参加できるのがとても楽しみです。

 

週一回、ギルドで魔王を召喚することができます。

これは権限のあるギルドメンバーがほかのメンバーを集めて一緒に倒します。

自分のギルドだけでは難しい場合、ほかのギルドの方々にも手伝って貰うこともできます。

この魔王を倒すことでなかなか手に入りにくい神霊というアイテムが貰えます。

これがあるとスキルにある血脈の段階突破に使うことが出来るので時間が合う時は是非参加するといいでしょう。

ドラゴニアンサーガのギルド所属のまとめ

以上より、ギルドに所属するとイベントが色々ありゲームをする際わからないことが聞けたり、助け合ったりと楽しく遊べるので所属することを推奨します。

自分で設立よりも、既存のギルドの方がこのゲームのことが詳しい人も多く所属してることもあるので私は既存のギルドさんにお世話になってます。